MBA関連PR: MBA取得国内MBAMBA留学MBA費用MBA英語

授業スタイル

今すぐ、国内MBAが取得できる大学・通信講座をチェック!←クリック!!

通常の授業スタイルであるレクチャー形式とケーススタディ形式を行っています。
主に1年目に学ぶコア科目はレクチャー形式の比率が高く、2年目の専門科目になるとケーススタディの比率が高くなってきます。


■ レクチャー形式
MBAプログラムの中で学ぶ多くの理論は、レクチャー形式を通してその枠組みを学びます。レクチャー形式は教授が話し、生徒が聞くという一般的な形式ですが、MBAの授業ではクラスへの参加が評価の大きなポイントになることも手伝って、授業中、講師への質問や、生徒間でのディスカッションが盛んに行われます。


■ ケーススタディ形式
ケーススタディ形式では、実際の企業の過去の状況をもとに、その企業がとった戦略の検討やもし自分が経営者であれば、その状況でどう判断すべきかを限られた情報の中から導き出していきます。

通常、数名のチームをつくり議論を進め、一つの結論を導き出します。評価はそのチームの導き出した結論に加え、各人のチームへの貢献度を学生同士で相互評価することが取り入れられていることが多いので、たとえ優秀な人が多いチームになったからといって安心はできません。

そもそもはハーバード大学が開発した方法でしたが、その有効性から、現在ではほとんどの大学のMBAコースでこの方法が採用されています。
理論だけでなく、このような模擬経営判断を数多く体験することにより、MBAホルダーはビジネスリーダーとして実際のビジネスを牽引していく即戦力となることを期待されています。

国内MBAが取得できる大学・通信講座はこちら!←クリック!!



MBAナビゲータ TOPへ