MBA関連PR: MBA取得国内MBAMBA留学MBA費用MBA英語

規模の経済性と範囲の経済性

今すぐ、国内MBAが取得できる大学・通信講座をチェック!←クリック!!

■ 規模の経済性
一般的に製品を多く生産すればその生産コストを下げる効果があります。
生産量が増えれば固定費の割合が下がる効果と、原材料の大量仕入れにより、値引き交渉が優位に行えるため、より安く仕入れることが可能となるからです。
ひとつの製品が大量に売れるような少品種大量生産型のビジネスモデルでは規模の経済性を追求することになります。同一業種の企業の提携・合併も規模の経済性の向上を狙って行われることが多いです。

■ 範囲の経済性
同じ生産設備を使って、種類の異なる製品を生産した場合、設備を共有することによる生産コストの低減と同時に、異分野への進出にともなう事業の拡大が期待されます。
このような展開を範囲の経済性と呼びます。
多くの製品を売るような多品種少量生産型のビジネスモデルでは、いかに共通のプラットフォームから効率的に多くの種類の製品をつくりだすか、いかに範囲の経済性を高めるかを追求することになります。

国内MBAが取得できる大学・通信講座はこちら!←クリック!!



MBAナビゲータ TOPへ