MBA関連PR: MBA取得国内MBAMBA留学MBA費用MBA英語

中田英寿 ハーバードMBA取得へ 

今すぐ、国内MBAが取得できる大学・通信講座をチェック!←クリック!!

中田英寿選手はプロサッカー界からの引退後、名門ハーバードビジネススクールでのMBA取得を目指すとのこと。もともと中田英寿選手はビジネス志向が強く、一時は税理士を目指していたこともあるが中田英寿選手のビジネスマンとしての器の大きさを考えたときに、名門ハーバードビジネススクールのMBAホルダーを取得するということは、彼の第二の人生を飛躍させる上で、非常に役立つことになるだろう。

国内MBAが取得できる大学・通信講座はこちら!←クリック!!

中田英寿略歴

1991年 - 甲府市立甲府北中学校3年生時にU-15に選出される。
1994年 - 山梨県立韮崎高等学校時代、Jリーグ12チーム中11チームから獲得オファーを受ける。
1995年 - ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に加入。同年FIFAワールドユース選手権でベスト8。
1996年 - アトランタオリンピック日本代表としてプレーし、アジア予選を突破。本大会ではブラジルに勝利する(マイアミの奇跡)。
1997年5月 - ワールドカップ日韓共催記念試合でA代表デビュー。
1998年 - フランスワールドカップに出場。大会後にセリエA・ACペルージャに移籍。シーズン開幕戦(対ユヴェントス戦)で2得点を挙げる。
2000年1月 - ASローマに移籍。
2000年9月 - シドニーオリンピックベスト8。
2001年6月 - コンフェデレーションズカップ出場。
2001年6月 - ASローマで日本人として初めてセリエA優勝(スクデット)。
2001年7月 - ACパルマに移籍。イタリア杯優勝。
2002年6月 - 日韓ワールドカップ ベスト16。1得点を挙げる。
2003年1月 - ボローニャに期限付き移籍。
2004年7月 - フィオレンティーナへ完全移籍。
2005年8月 - イングランド・FAプレミアリーグ ボルトン・ワンダラーズへ一年契約の期限付き移籍。
2006年6月 - 自身3度目となるドイツワールドカップに出場するが、グループリーグ敗退。
2006年7月 - 引退を表明する。
また、サッカー以外にも2003年7月9日より、菓子メーカー株式会社東ハトの執行役員に就任している。


                             略歴はWikipediaより引用



MBAナビゲータ TOPへ