MBA関連PR: MBA取得国内MBAMBA留学MBA費用MBA英語

MBAアカウンティング

今すぐ、国内MBAが取得できる大学・通信講座をチェック!←クリック!!

MBAの授業と同様に、実際に実在している企業を取り上げたケースを使った解説が興味深い。
ただ、旧版のMBAアカウンティングで賞賛されていた企業が、今はその力が弱まっていたりと実際の経済の移り変わりの速さは理論を越えているのかも。
MBAで学ぶ経営スキルは未来予測ではないので、このような事はあたりまえである。それよりも様々な企業のケースに触れ、自分で判断する訓練を数多くこなすことは、多くの引き出しを持つという意味では、とても大事なことなのだと思う。

[新版] MBAアカウンティング[新版] MBAアカウンティング
グロービス・マネジメント・インスティテュート
ダイヤモンド社 刊




浅く広く

アカウンティングに関して浅く広く説明されています。文章は分かり易く、必要最低限の知識が無理なく学習できます。表や図も見易く初学者に最適です。ただ、個人的にはキャッシュフローに関してもっと詳細な記述があった方がよいと思います。

初学者用です

MBAとタイトルにはありますが、高度な内容というわけではありません。簿記などの知識があって、数字や指標の意味は知っていても「さて、実際にそれらをどう考えどう捉えればいいのか!?」という問題にぶち当たる方は多いと思います(最初は誰でもそうかもしれませんが)。そのような方にお薦めの本です。

この本は具体的な企業の財務諸表を扱って、ケーススタディという感じで進んでいきます。単元ごとに、登場人物とその抱える問題のストーリーを展開していくことで、読むほうも入り込みやすくなっています。
例)父の事業を継いだ若い経営者が、会社を立て直すために同じ業界の大手2社の財務諸表を比較して学んでいくといった感じです。
数字や指標の意味といった基礎から始まり、実践的な応用までポイントが整理されています。とても分かりやすく具体的且つ実践的ですので、自分も株式投資での企業分析をする際の勉強に大いに役立ちました。最近経営や会計に興味が出てきた、という初学者の方にお薦めします。

非常に解りやすく財務諸表が理解できるように紹介してある本

またまた会社の勉強会のお話ですが、ビジネスの力をつけるために、やはり全体の会社の成績表、財務諸表読めるようになろう!ということで、アカウンティングについて、参考になる本を教えてもらいました。「MBAアカウンティング」はなかなか読みやすく、また、非常に解りやすく財務諸表が理解できるように紹介してある本です。


さらに詳しい情報はコチラ≫


国内MBAが取得できる大学・通信講座はこちら!←クリック!!



MBAナビゲータ TOPへ